プラステンアップは大人になっても効果は出るの?飲み始める期間は?

学生時代も終わり、社会人になってからも身長の低さがコンプレックスになっている方もいらっしゃるでしょう。

 

子供時代を振り返っても、これといった成長期を感じなかった方が大人になってから成長応援飲料を飲むと背は伸びるのでしょうか?

 

プラステンアップは大人にも効果が現れるのか調べてみました。

 

■プラステンアップで大人も背を伸ばす事ができる?■

 

まず、プラステンアップは中高生向けの成長応援飲料として販売されています。

 

栄養成分は主にカルシウム、リン、ビタミンC、亜鉛、マグネシウム、ビタミンDが含まれています。

 

背を伸ばすための栄養成分がバランス良く、無駄なく吸収されるように特殊な技術で凝縮されています。

 

この配合バランスは、成長期を迎える中高生に合わせ最適に作られているものですが、既に成長期を終えた大人が飲んでも効果は発揮されないでしょう。

 

身長が伸びるのは、成長ホルモンが活発になる思春期頃がピークで男性は18歳頃まで、女性は16歳頃までと言われています。

 

その時期に成長ホルモンを活性化させる役割を持つプラステンアップを飲めば身長をさらに高くする事が可能になりますが、成長期を終えた大人には効果が出ないのです。

 

ごくまれに、25歳頃まで身長が伸び続けたという方もいらっしゃいましたが、一般的に言われる時期はだいたい決まっています。

 

■なぜ大人になると身長は止まってしまうの?■

プラステンアップは大人になっても効果は出るの?飲み始める期間は?

 

大人になると子供のように身長が伸びない理由に、「骨端線閉鎖」という現象が起こるからです。

 

レントゲンを撮ると、骨のつなぎ目にある小さな軟骨が黒く映ります。その部分が骨端線と呼ばれ、いわゆる成長の伸びしろ部分です。

 

大人になるにしたがい、その骨端線の両側がくっついてしまい、見えなくなってしまいます。これが骨端線閉鎖、すなわち伸びしろがなくなった状態となるのです。

 

骨端線が閉鎖されていなければサプリメントによる身長アップの効果も期待できますが、既に閉鎖しれている場合、残念ながらこれ以上身長が伸びるということはありません。

 

ですから、骨端線が閉じてしまう前に対策を取らなければ意味はないのです。

 

もし大人になってから何らかの対策をしようと思うなら、整体などに通って骨の歪みを直すなど、外的アプローチしか解決策はないでしょう。

 

それよりもヘアスタイルやファッション、筋トレやダイエットなどで見た目をスッキリ縦長にした方が視覚的ではありますが効果的です。

 

公式サイトはこちら!

http://plus10up.com/